ブックメーカーとビットコイン 最新投資
ブックメーカーとビットコイン 最新投資

ブックメーカー ビットコインの利用を認可した理由

スポーツが対象のブックメーカー

ブックメーカーの間でも、ビットコインの利便性に注目を集めています。その理由とは、海外へ送金する際の手数料の安さに尽きます。日本の銀行から海外の銀行へ送金するには、所定の手続きを済ませる必要があります。ゆうちょ銀行を経由にする場合、手数料として1200円ほどかかるため、通貨の流動性をせき止めるような印象はどうしても拭えません。しかも、手数料の負担は送金される側にも発生するので、この仕組みを変えることが利用者のニーズを掴むものと認識されています。

一方、ビットコインでは銀行のような集権化した組織を経由せず、ユーザー間で取り引きが行えるため手数料を大幅に抑えることが可能です。このような決済機能は、利用者のニーズに合致したシステムゆえ、今後の産業の発展を促すものとして着目視されています。現に、住宅の購入や寄付金として認可されている国も存在しています。

そんな中、ブックメーカーでも利用者の要望に応えたかたちで、ビットコインでも賭けが行えるように改良されています。つまり、ビットコインを自国通貨の変わりで使用でき、かつ報酬として得られるよう配慮したことになります。仮想通貨としての構想には、ブックメーカー業界でも受け入られており、世界各国でスポーツベッティングが楽しめる環境が整備されようとしています。